元金均等返済ってなんですか?

元金均等返済とは借入した金額つまり元金を均等に返済する返済方法です。
毎月の返済額は一定の元金の返済額+利息の返済額となります。
元金の返済額は借入額を返済期間で割るので一定となり、これに利息分を上乗せして毎月の返済額が決まります。
利息は借入残高によって異なるので、毎月の返済額は変動します。
返済当初でも元金の返済額は多く、しかも利息分を上乗せしますので始めのうちは返済額が高額となります。
ただ元金充当分は常に一定となりますので返済を重ねるごとに利息部分が減っていく仕組みです。
ですから返済総額は元利均等返済よりも少なくなります。
例えば育児や教育の費用がかからなくなり高額収入が望めると言う世帯であれば元金均等返済はオススメです。
元金が早く減りますので将来金利が上がったとしても影響は小さくて済むというメリットもあります。
返済当初は月々の返済額は高くなり負担が大きくなりますが、返済を続けていく事でメリットが大きくなる返済方法と言えます。
また返済総額を抑えることが出来るというメリットも有りますので、返済計画に無理がないようであれば元金均等返済で返していくのは断然お得です。詳しくはコチラ